天空の・・・

こんにちは。

 

旅する時のワクワクするキーワードに、天空の・・・

 

天空と付いたスポット、そんなキャッチフレーズがあるとビビッときます。

ついつい、誘われて、行っちゃいます。

例えば、

アフリカの天空(キリマンジャロ山)日本の天空(富士山)天空の都市(マチュピチュ)天空のレストラン(バンコク)天空のテラス(イタリアのアマルフィ)天空の塔(ドバイのブルジュ・ハリファ)天空の岩(ヨセミテ国立公園)

 

など、今までたくさんの天空さんを訪れてきました。

どれも、これも忘れられない、とっても美しい、景色でした。

自称、高所恐怖症。

高いところ、苦手で足がすくんでしまうはずなのに、ついつい心惹かれるのです。

そこにたどり着くと、なんだか人間ではない別のものになった感じになって、ついさっきまであったはずの恐怖感はどこかに行ってしまって、なんだか心地よくて、気持ちいい感覚が優って来るようになるんです。

たどり着くまでに大変な労力を必要とする天空もあれば、エレベーターでパッとたどり着く天空もありました。

天空の楽しみかたもいろいろなわけです。

天と対象的なのが地。

私たちが日常としている大地。

その大地の素晴らしさ、雄大さも天を感じる、天から覗き込んで見ることで改めて受け取ることができたりします。

大地に感謝、私たちが生きる、そしてたくさんのワクワクを提供してくれる自然にも感謝。

日常でも何か困っていることがある時に

この天空のセオリーを使うと謎解きが簡単に。

俯瞰して見ると見えないものも、見えてくるんですね。

どっしりと存在している大地なるものが。

いつも見守ってくれている天空さんにも感謝です。

来月はイタリアの天空、そして十一月にはバンコクの天空のレストランを訪れる予定です。

どんだけ好きなんや?

世界の天空探しに大忙しの毎日です。

天空、是非体験してみてはいかがでしょうか?