許して変わる

こんにちわ。

いつも訪問してくださってありがとうございます。

今日のタイトル、また意味深ですよね。

実は、一つの映画を観終わっての感想がこれでした。

その映画をちらりとご紹介します。

映画のタイトルは、

「泥棒は幸せのはじまり。」

なんだか奇妙なタイトルですよね。

でも、タイトルに幸せという文字があったので、

無意識に選んでしまいました。

 

さて、見終わっての感想はというと、、、

期待通り、最後には心から幸せな気持ちになれちゃいました。

人生の負の部分を生きてきた、恨みと怒りパワー全開の詐欺師が

1人の男性をいつも通りに騙して大金を奪います。

この詐欺師のせいで、男性は仕事、信頼、家族さえも失いそうになり

奈落の底に落とされます。

そこで、なんとかしようと一大決心。

この詐欺師をつかまえに行きます。

最初は、怒りパワーで、この詐欺師に容赦なく挑んでいくのですが、

時がたつにつれ、この詐欺師のつらい過去を知っていくんですね。

普通だと、どんなに言い訳を言われようと許せないですよね。

でも、この心温かい男性、更に、その家族までもが、この詐欺師を

許しちゃうんですね。

めちゃくちゃに壊されそうになった相手を。

怒りを手放して、許すという行動に出た家族。

これで、詐欺師にも変化が。

始めて許される、受けいられるという体験をした詐欺師。

ここから、2人の現実、人間関係が変容していくんですね。

ついには、この家族と加害者である詐欺師は友情にまで発展していく。

そんなハッピーエンドなストーリーです。

詐欺師も今までだったら逃げるということしかできなかったはず

なのに、逃げる事をやめて、自分の内面にある怒りや恨みを手放して、溶かし

許しきったんですね。

許して人生を変える変容させる瞬間です。

癒しの原則がここに垣間みれていました。

なんかわけわがんねぇ〜〜〜

というかたは、是非、この映画をごらんになってください。

この詐欺師のルックスに仰天するかもです。(笑)

僕はナイス配役だなぁって感心しましたよ。

 

 

 

 

コメントを残す