make a miracle(ミラクルが生まれた瞬間)

先日、部屋の掃除をしていると、ふと頭の中をよぎったのが、サッカーの事でした。今、高校サッカー選手権が開催中であるのはおぼろげにわかっていたんですが、調べてみると決勝戦の日。

なんとなく、これはもしかして見る価値ありと、普段あまりつけないテレビを付けてみると、なんと開始5分前。こういう時は奇跡が怒りやすい。偶然に偶然が重なってなんとキックオフから観戦できました。

試合はお互い譲らず、0対0が続くが、遂に星稜高校が先制。

後半にも追加点を挙げ、2対0

一見、試合が決まってしまったと思いきや、なんとなくドラマが起こる予感。

でも、残り5分になっても点差は変わらず。

そして、星稜高校が動き出す。

キャプテンに交代を告げる。

残り4分。

変わって一分が経ち、ついに富山第一高校が1点を返した。

そして、残り1分。

PKを決めて同点。

延長の後半ラスト数十秒で遂に逆転。

試合終了。

劇的な逆転劇。

最後の1秒まであきらめなかった富山第一高校が優勝を決めた。

あきらめないで、最後まで戦う姿勢が、選手全員に見られていたのを感じました。

とっても重要な事を肌で感じる事ができました。

最後の瞬間まであきらめず、全力で立ち向かう。

それが、人生にミラクルを注いでくれるでしょう。

一般的に、勝負の世界では勝ち負けという二者択一で決定されますが、この試合に限っては別な気がしています。

選手の皆が最後まで全力以上の力を出し尽くし、選手、観客を問わずこの試合に関わった全ての人が感動できた、これは勝ち負けを超越するwin-winのなにものでもない。

素敵な時間をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す