ターニングポイント

こんにちわ。

いつもこのページを見て下さってありがとうございます。

今日は、ターニングポイントについてお伝えさせていただきます。

みなさんは、過去での御自身のターニングポイントを何個かあげてもらえます。

人生が初めて好転したきっかけとなることですね。

僕の場合は、人生初のターニングポイントは中学1年生の時でした。

運動会の長距離走でのことでした。

運動会の中でも結構ビッグイベント的な種目だった1500m走。

参加者は事前にクラスでの自他推薦で選ばれた人が出るという感じ

のレースなんです。

当然、僕は選ばれるわけがない。

結果、選ばれませんでした。

でも、直前になって出る予定だった人が体調不良かなんかで出られなくなって

急遽出場となります。

スタートラインにたっただけで不安、不安。

とりあえず、最後尾に並びました。

スタートを知らせる音とともに、みんな走り出す。

僕も、とりあえず走ってみました。

走り始めてみると、状況が変わってきました。

意外や意外。

のんびり行こうと決めて走ってたのに。

逆に、走っているみんながのんびりに感じる。

1人、1人、また1人、どんどん追い抜いていく。

不思議な今までにない感覚です。

トラックを3周過ぎても、まだ誰にも追い抜かれていないし

気分は爽快なんです。

そしてラスト200mで、僕はラストスパートして

それまで以上にどんどん追い抜いていき、ゴールちゃったんです。

この瞬間がぼくの人生最初に訪れて来たターニングポイントだった

と今、思います。

結果は優勝?

といきたかったところですが、

8位くらいだったと思います。

でも、応援してくれているクラスのみんなは

すごーく驚いてたみたいで。

自分でも驚いてたんですから。

今まで、何をやるにしてもそんなに自信をもてていなかった

自分が、ゴールのテープをきった瞬間から変わることができたのです。

みなさんもこういった体験ありませんか?

この瞬間の感情を思い出すと今でも、その時のわくわく感を思い出します。

自分が何に情熱を持っているのかわからないと

感じたりしている方、是非、御自身の人生お初のターニングポイントを

思い出してみてください。

そして、その時の感情を感じ直してみて下さい。

わくわくした感情を感じてみて下さい。

それがあなたの新しいターニングポイントになるかもしれませんよ。

 

 

 

 

コメントを残す